サマーヒル
J&B HOME >  Summerhill  > Neill! Neill! Orange Peel!

Neill! Neill! Orange Peel!

J&B

  • 代替画像

    アンシ 校長を打つ  Ⅲ

    14歳の女の子、アンシが ロンドンから両親と共にサマーヒルにやって来ました。
    彼女は前の学校で、宿直室の窓ガラスに小石を雨のように投げつけて、学校を追われたのです。
    そこの校長は「感化院ですな。」と言ったそうです。
    父親は、「この子はいたずらっ子ですが、正直で、可愛いところがあるのです。」と言いました。 
    母親は、「父親が甘やかすものですから、こんなわがままな子供になったのです。」と言いました。

    ニイルはアンシに「この学校は自由な学校で、授業はあるけれども、授業に出ても、出なくてもよい。
    他の子供の勉強や、やっていることを邪魔しない限り、好きなことをしていいのだよ」と言いました。
    3日たった時、アンシはニイルに聞きました。
    「ここは自由な学校だと言いました。あなたをぶってもいい?」
    「いいとも。さあ ぶってごらん。」とニイルは言いました。
    アンシは、げんこつを振り上げたかと思うと、ニイルにどっと打ってかかりました。力まかせにぶったり 蹴ったりしました。ニイルは黙ってかすかに微笑みながら打たれました。
    アンシは気が狂ったように、ニイルの全身をところかまわず叩きつけ、むしゃぶりつきましたが、ニイルは ただされるままでした。
    ホールに居合わせた生徒や先生たちは、この有様に目を見張り、周りを取り巻いてはらはらして見ていました。
    アンシはいよいよ激しく、1時間たっても、2時間たっても、3時間近くなっても、ニイルを打ち続けます。
    その時、職員の一人がピアノの前に座って、ショパンのノクターンを弾き始めました。静かな美しい音楽が 流れました。
    ふと、彼女は打つ手を止めて、そのままものも言わずに自分の部屋へ帰って行きました。
    あくる朝、ニイルはアンシの顔を見ると呼びかけて言いました。
    「おはよう、アンシ。今日もまた打つのかい?」
    「ニイルは怒らないから、つまらないわ。」 アンシはそう言って、ニイルのそばから去りました。
    間もなく、アンシは自由は我が儘とは違うということを、他の子供たちに折りにふれ、語って聞かせるようになりました。

    詳しくはこちら

PAGE TOP